女の筋トレダイエット

スロートレーニング

ゆきこ先生

「今日はスロートレーニングについて勉強します。」



ちかちゃん

「はーい!お願いしまーっす!スロートレーニングって事は、ゆっくり動かす筋トレって事ですか?」



ゆきこ先生

「その通りよ!スロートレーニングは基本4秒かけて筋肉を収縮して4秒かけて伸張するゆっくりな筋トレの事なの。」



ちかちゃん

「名前のまんまですねー(笑)」



ゆきこ先生

「そうよ。でも、とても効果が期待できる筋トレなの。前に、筋肉を収縮するときよりも負荷に耐えながら伸張している時の方が筋線維が損傷しやすいと説明したと思うんだけど、スロートレーニングではゆっくり筋トレを行う事で負荷に耐えながら伸張している状態を作り出しているの。だから普通の筋トレよりも軽い負荷で筋線維を損傷させる事ができるの。」



ちかちゃん

「あー!前に習いましたねー!軽い負荷でできるってことは身体に負担がかかりにくい女性向けの筋トレっていうことですね!」



ゆきこ先生

「そうなの。また筋肉は第二の心臓と呼ばれていて活発に動くと血の巡りがよくなるの。だけどスロートレーニングではわざとゆっくり筋トレすることで血流を制限するの。」



ちかちゃん

「え!?血流を制限すると何か良いことあるんですか?」



ゆきこ先生

「そう!ここがポイントなんだけど、血流を制限する事で成長ホルモンが大量に分泌される事が分かっているの。前に勉強したように成長ホルモンは筋肉の回復を促進するから、身体を筋トレの効果が出易い状態にしてくれるの。」



ちかちゃん

「スロートレーニングってすごいですね!ちか、頑張ろーっと!」



このページのポイント
  • 基本は4秒かけて収縮、4秒かけて伸張

  • 負荷に耐えながら伸張する状態を作る事で筋線維を損傷させる

  • 血流を制限することで成長ホルモンの分泌を活性化する



前のページへ戻る HOMEへ移動する 次のページへ進む